IWC マーク15の特徴

IWC マーク15は3針のシンプルなモデルです。
IWCのルーツともいえるのが、パイロットウォッチ。そしてそのスタンダードとしてIWC マーク15は君臨している。

特徴ととしては耐磁性のすごさである。機械機器から離れることが不可能な現代ではIWC マーク15にとって活躍の場は非常に広いですね。

IWC マーク16 各種激安はここです。

IWC マーク16スピットファイヤー
IWC マーク16 ブラック

安いのを探してみました。

ココです。

IWC マーク16スピットファイヤー
323,300 円
IWCマーク16スピットファイヤーIW325502

IWCマーク16 IW325501
323,300 円
IWCマーク16 IW325501

マーク16の魅力

IWC マーク16は魅力はシンプルさだと私は思う。
三針のベーシックなモデルであり、
IWCのスタンダードとも言うべきパイロット・ウォッチであると思う。


IWC マーク16はIWCのパイロット・ウォッチの原点である
ラージパイロットウオッチ以来の軟鉄性インナーケースを備え、
抜群の耐磁性を誇る。

耐磁性は現在において必要不可欠である。
(もちろん山奥のワイルドな暮らしをしていると別ですが・・・)

IWCマーク15も好きですが、こちらも大好きです。

IWCについての色々

IWC
(International Watch Company ,
アイ・ダブリュー・シー、インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)
とは1868年に
アメリカ人技師のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが
時計職人のヨハン・H・モーザーと協力して、
スイスで創業した時計メーカーである。

創業時からスイスの伝統的技術と
アメリカの機械自動化の製造技術を一体化し、
効率的で完成度の高い時計作りを目指したブランドである。

最近ではダイムラー・クライスラーの高級車ブランド、
メルセデスAMGとコラボレーションしたモデル
IWCインヂュニア オートマチックAMG」もリリースしている。

IWC マーク15 マーク16の歴史としては
 IWCのパイロットウォッチといえば、マーク15ですが、ここにいたるまでの歴史としては人気を博したマーク11の復刻版として登場したのがマーク12です。もちろんIWC マーク12も大人気を博しましたが、1999年に生産を突如終了。
 その後継機として登場したのがマーク15です。。もちろん視認性の高さはバツグンで、漆黒のダイヤルは新型の非トリチウムの蓄光で、どんな状況み見やすくなっています。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。